外壁塗装豆知識

外壁塗装工事中は防犯にも注意

外壁塗装工事中は防犯にも注意 外壁塗装工事を行うことになったら、多くの作業員や職人が出入りをするので、中には空き巣目的の人が紛れて混んでしまうことがあるので防犯面にも力を入れる必要があります。外壁塗装では足場を組むことが一般的ですし、工事に必要な道具や脚立などの家の周辺に設置されます。作業をする前に組み立てたり搬入をしていたら仕事がはかどりませんから、工事中は置きっぱなしになっていることが普通です。

そうなったら工事が行われていない夜間などに、脚立や足場を使って室内に侵入しようとする人がいる可能性があります。また外壁塗装中は防汚シートで家を囲んでいるので、外から見ると人がいても見えにくいですし、人がいても工事関係者ではないかと考えるので疑うことはありません。そのため普段以上に防犯面に意識をして生活をすることが必要で、必ず窓や玄関は施錠をすることが必要です。足場を伝ってベランダにも入り込みやすいので、雨戸を閉めておくことも効果的です。

外壁塗装工事中は空き巣に注意をする必要があります

外壁塗装工事中は空き巣に注意をする必要があります 外壁塗装工事を行うときは、建物の高い部分の作業も行わなければならないので、作業員の安全と仕事の効率を維持するために足場を設置することが一般的です。しかし足場を設置することで、誰でも上階によじ登ることができるようになるので、空き巣被害に遭いやすい傾向があります。しかも外壁塗装を行うときは、防汚シートで建物全体を囲んでいることが多いので、その内側に入ったら外からは見えにくくなります。

空き巣は人が見えないところで活動を行いますし、足場を使用すれば二階以上にベランダや窓からも入りやすいと考えます。そこで外壁塗装工事を行うときは、防犯を心がけるようにして、絶対に鍵を施錠することを忘れてはいけません。外壁塗装をしている間は窓を閉め切っているので室内にいると息苦しいと感じることがありますが、その時は作業員に相談をして換気をする部分を作ってもらったりするとよいです。夜間は必ず施錠をして、いつもより防犯に気を遣うことが必要です。